• RehaJoint またま むねひこ

1年という節目


本日は ”リハジョイント大分”を立ち上げた日です。


1年前の今日は、「一粒万倍、寅の日」という最高の日でした。


振り返れば、ホームページの作成、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所への営業から始まりました。


お医者様、ケアマネージャー、包括支援センタースタッフ様からのご紹介、同業者からのご依頼、口コミ、ホームページからのアクセスなどで少しずつお客様も増え続けています。大変有り難く思います。


“リハジョイント大分”のお客様のほとんどは在宅生活、職場、学校などで不安や悩みを抱えられています。お話を聞いているとこちらまで辛くなることもしばしば。


しかし、それは


「できること」 「できるようになりたいこと」


が多くあるということ、つまりは”夢(目標)”を多く持つことができるんです。


リハジョイント大分では”夢(目標)”をいかに実現できるかということに着手しています。


あの手この手をお客様と考え、討議し策略を立てます。


このようなプロセスの中で”夢(目標)”が達成します。そして、共に感動します。


この1年は多くの物語に触れ、感動を頂きました。



一方で失敗も多い1年でした。自分の弱さや未熟さに向き合い、無力さを感じることも多かったです。それも伸びしろ!!


マイナスをプラスに変える方法は専門であること、元々の反骨精神で成長に繋げることができています。


この1年を通して、多くの方の教え、支えがあり、今の”リハジョイント大分“があります。多くの方に感謝し、初心を忘れず、丁寧な仕事を続け、前を向いて進んでいきます。


訪問リハビリなら”リハジョイント大分”


となるように日々精進します。


1年という節目は振り返る意味でも大切であることを実感しました。

気が引き締まります。明日からも変わらず精進のみです。


リハジョイント大分 代表 眞珠 宗彦


24回の閲覧

最新記事

すべて表示

ベッドから離れる作業…

重力を強く感じる クライエントの目標は、「トイレでトイレ(排泄)をすること」「外に出て美味しいもの(ビフテキ、刺身)を食べること」です。 街を見渡せば、日常的なことと感じると思いますが、ベッドで寝たきりの期間が長くなればなるほど、このような作業を行うまでの道のりは長く険しくなります。 寝たきりの状態から少しずつ起きていく過程で、クライエントからはよくこのようなコメントを頂きます。 「こんなにカラダ

オーダーメイドであなただけの”自助具”を作ります

ボタンエイド 今回、作成したのは「ボタンエイド」という自助具です。簡単に言えば、シャツなどのボタンを留める道具です。 【特徴】 ・指先の関節に負担を掛けない ・片手でできる ・時間が掛からない ・簡素でわかりやすい=使用方法が明解 ・小児から高齢者馬で幅広い年齢層に使用できる ※こちらは3Dプリンタで作成していますので、グリップの大きさ、長さもクライエントに合わせて調整が可能です。 自助具 “自助

やってみないとわからない

転倒を機に車いすへ 今週から訪問リハビリがスタートしたクライエントのストーリーです。 今年1月、施設内で転ばれたことを機に、お部屋以外では車いすを使用する生活となりました。 「歩きたい…」 そのような思いはあるものの、 “転ぶかもしれない” ”転ぶと迷惑を掛ける” 不安な思いが巡り車いすを選択されていたとのことです。 初回リハビリで思いを確認… 初回のリハビリでは改めてクライエントの思いを確認

​住所         :〒870-0131 

​社名      :リハジョイント大分 

大分県大分市皆春286-10

​代表      :眞珠 宗彦

​(またま むねひこ)

​電話/FAX:

097-522-2657

携帯電話 

080-3953-0578

(携帯電話が繋がりやすいです)

メール      :oita.2018@rehajoint.com 

営業日時  :月~土 9:00~21:00

     ※日曜日定休