• RehaJoint またま むねひこ

第3回 大在わいわいフェスタ

昨日(平成31年4月7日)、大分県大分市大在の永来公園にて開催された


第3回 大在わいわいフェスタに出展させて頂きました。



当日8:00に現地入り。


出展者の中では断トツの1位で会場入り。気合は十分でした!



会場スペースは広くとって頂きました。


サクラも良い感じでした。




準備をばたばた済ませ、いざ開演。

出展内容は、①ワンコインストレッチ -¥500 ②運動検定(※体力測定)-¥300


初めての出展、スタッフへの説明も不足していたことから不安だらけの幕開けでしたが、始まってみれば和気藹々とした雰囲気で、終始なごやかに時間が経過しました。

イベントでは元気なシニアの方が多く、私たちに興味を持って下さる方もいました。


「何を出しちょんの?」

「いつもは何をしよんのかえ?

「どこにそげな店があんのかえ?」


質問攻めで嬉しかったです。チラシや名刺を渡し、しっかり聞いて下さるお客様も多く改めて、健康分野の関心は高いんだなと感じました。



サービスに対する反応もすごく良かったです。

運動検定(体力測定)などの評価から課題や生活の中での工夫や配慮などお伝えするのですが、しっかり聞いて下さっていました。

明日からやってみよう。これからも頑張ろう。という方がほとんどでした。リハビリの視点からのアドバイスというのはシニアの方々にとっては特に必要なことと思います。こうした取り組みが健康維持、介護予防に繋がると感じました。


今回のイベントで①ワンコインストレッチは1名、②運動検定は10名でした。

こうしたイベントでなければ出会わない方も多くいました。このような出会い、繋がりを大切にしたいと強く思いました。小さな積み重ねが多くの信頼を生むと考えています。地域で育ち、地域から羽ばたいていけるように日々精進致します。


リハジョイント大分  眞珠 宗彦

71回の閲覧

最新記事

すべて表示

ベッドから離れる作業…

重力を強く感じる クライエントの目標は、「トイレでトイレ(排泄)をすること」「外に出て美味しいもの(ビフテキ、刺身)を食べること」です。 街を見渡せば、日常的なことと感じると思いますが、ベッドで寝たきりの期間が長くなればなるほど、このような作業を行うまでの道のりは長く険しくなります。 寝たきりの状態から少しずつ起きていく過程で、クライエントからはよくこのようなコメントを頂きます。 「こんなにカラダ

オーダーメイドであなただけの”自助具”を作ります

ボタンエイド 今回、作成したのは「ボタンエイド」という自助具です。簡単に言えば、シャツなどのボタンを留める道具です。 【特徴】 ・指先の関節に負担を掛けない ・片手でできる ・時間が掛からない ・簡素でわかりやすい=使用方法が明解 ・小児から高齢者馬で幅広い年齢層に使用できる ※こちらは3Dプリンタで作成していますので、グリップの大きさ、長さもクライエントに合わせて調整が可能です。 自助具 “自助

やってみないとわからない

転倒を機に車いすへ 今週から訪問リハビリがスタートしたクライエントのストーリーです。 今年1月、施設内で転ばれたことを機に、お部屋以外では車いすを使用する生活となりました。 「歩きたい…」 そのような思いはあるものの、 “転ぶかもしれない” ”転ぶと迷惑を掛ける” 不安な思いが巡り車いすを選択されていたとのことです。 初回リハビリで思いを確認… 初回のリハビリでは改めてクライエントの思いを確認

​住所         :〒870-0131 

​社名      :リハジョイント大分 

大分県大分市皆春286-10

​代表      :眞珠 宗彦

​(またま むねひこ)

​電話/FAX:

097-522-2657

携帯電話 

080-3953-0578

(携帯電話が繋がりやすいです)

メール      :oita.2018@rehajoint.com 

営業日時  :月~土 9:00~21:00

     ※日曜日定休