• RehaJoint またま むねひこ

新たな依頼

先日、夕方、訪問の移動中のこと。見知らぬ番号から電話が掛かってきました。


電話を取ると、先日営業で伺った居宅介護支援事業所様(ケアマネ事業所)のセンター長さんでした。


急な依頼であるとのことでしたので、お話を伺いました。


急な依頼というのが、居宅介護支援事業所が主催している研修にリハ職として出席してくれないか?


つまり、ケアマネの研修にリハの視点が欲しいから参加できないか?というものです。


一つ返事で「行きます!!」とお答えしました。


とてもとても嬉しかったです。弊社の使い方は自身が思っている以上にたくさんあることは承知しておりましたが、こういう形は想定しておりませんでした。その分、喜びも一入でした。

(いろんなパターンに出会えることに感謝です。)


今回は訪問の予定の兼ね合いで書類のみの参加でしたが、このような要望にも応えられるような事業所でありたいと改めて感じました。

このような機会を下さった、居宅介護支援事業所様には大変感謝致しております。


リハビリでお困りの際は是非リハジョイント大分へ!!

51回の閲覧

最新記事

すべて表示

ベッドから離れる作業…

重力を強く感じる クライエントの目標は、「トイレでトイレ(排泄)をすること」「外に出て美味しいもの(ビフテキ、刺身)を食べること」です。 街を見渡せば、日常的なことと感じると思いますが、ベッドで寝たきりの期間が長くなればなるほど、このような作業を行うまでの道のりは長く険しくなります。 寝たきりの状態から少しずつ起きていく過程で、クライエントからはよくこのようなコメントを頂きます。 「こんなにカラダ

オーダーメイドであなただけの”自助具”を作ります

ボタンエイド 今回、作成したのは「ボタンエイド」という自助具です。簡単に言えば、シャツなどのボタンを留める道具です。 【特徴】 ・指先の関節に負担を掛けない ・片手でできる ・時間が掛からない ・簡素でわかりやすい=使用方法が明解 ・小児から高齢者馬で幅広い年齢層に使用できる ※こちらは3Dプリンタで作成していますので、グリップの大きさ、長さもクライエントに合わせて調整が可能です。 自助具 “自助

やってみないとわからない

転倒を機に車いすへ 今週から訪問リハビリがスタートしたクライエントのストーリーです。 今年1月、施設内で転ばれたことを機に、お部屋以外では車いすを使用する生活となりました。 「歩きたい…」 そのような思いはあるものの、 “転ぶかもしれない” ”転ぶと迷惑を掛ける” 不安な思いが巡り車いすを選択されていたとのことです。 初回リハビリで思いを確認… 初回のリハビリでは改めてクライエントの思いを確認

​住所         :〒870-0131 

​社名      :リハジョイント大分 

大分県大分市皆春286-10

​代表      :眞珠 宗彦

​(またま むねひこ)

​電話/FAX:

097-522-2657

携帯電話 

080-3953-0578

(携帯電話が繋がりやすいです)

メール      :oita.2018@rehajoint.com 

営業日時  :月~土 9:00~21:00

     ※日曜日定休