• RehaJoint またま むねひこ

医学的管理は大丈夫?

最終更新: 2019年6月17日

お久しぶりでございます。開業して2ヶ月が経過しました。


少しずつですが、お問い合わせ、同時に新規のお客様が増えてきています。


そして、空き時間があれば、介護保険事業所や施設へ営業へ伺わせて頂いています。悔し涙の日もあれば、嬉し涙の日もあります。


そこで、良く質問されることがあるので記事にしました。




「医師からの指示書は必要?」

基本的にリハビリテーションは医師の指示(処方箋)の下、行うものです。自費となるとどうなるの?ということです。


この点に関しての結論、指示書は不要です。

念の為に頂いている自費リハビリ事業所もあると思いますが。


しかしながら、私たちが提供するサービスは自費リハビリ(保険外リハビリ)ですので、医学的管理はしっかりしなければなりません。



約半年ほど前ですが、「広がる自費のリハビリ 患者、保険の制限に不満」という記事を京都府理学療法士連盟様が書かれておりましたので添付致します。

URL: https://pt-renmei.jp/kyouto/archives/163




どのように対策をとっているの?

弊社では下記のような取り組みを行っています。

①お客様主治医からの同意、リハビリサービスにおける留意の記載

②バイタルサインチェック

③問診(体調はどうか?変わったことはないかなど)


3つの取り組みはどれも大切なことなのですが、特に①に関しては重要視しており、弊社では必ず担当セラピストがお客様主治医へアポをとりface to face での確認を行なっております。


▶︎自分たちがどのようなリハビリサービスをしているのか

▶︎お客様がどのような目的でリハビリサービスを希望しているのか


をしっかり伝えるためです。


そして、②に関しては、日本リハビリテーション学会診療ガイドライン、アンダーソン・土肥の基準を活用しています。




繰り返しにはなりますが、どのようなサービスにおいても安心・安全は大切なことです。


他にもこんなのがあるよ!などご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。


#大分県大分市 #自費リハビリ #リハジョイント大分 #訪問型自費リハビリ #医学的管理 


88回の閲覧

最新記事

すべて表示

ベッドから離れる作業…

重力を強く感じる クライエントの目標は、「トイレでトイレ(排泄)をすること」「外に出て美味しいもの(ビフテキ、刺身)を食べること」です。 街を見渡せば、日常的なことと感じると思いますが、ベッドで寝たきりの期間が長くなればなるほど、このような作業を行うまでの道のりは長く険しくなります。 寝たきりの状態から少しずつ起きていく過程で、クライエントからはよくこのようなコメントを頂きます。 「こんなにカラダ

オーダーメイドであなただけの”自助具”を作ります

ボタンエイド 今回、作成したのは「ボタンエイド」という自助具です。簡単に言えば、シャツなどのボタンを留める道具です。 【特徴】 ・指先の関節に負担を掛けない ・片手でできる ・時間が掛からない ・簡素でわかりやすい=使用方法が明解 ・小児から高齢者馬で幅広い年齢層に使用できる ※こちらは3Dプリンタで作成していますので、グリップの大きさ、長さもクライエントに合わせて調整が可能です。 自助具 “自助

やってみないとわからない

転倒を機に車いすへ 今週から訪問リハビリがスタートしたクライエントのストーリーです。 今年1月、施設内で転ばれたことを機に、お部屋以外では車いすを使用する生活となりました。 「歩きたい…」 そのような思いはあるものの、 “転ぶかもしれない” ”転ぶと迷惑を掛ける” 不安な思いが巡り車いすを選択されていたとのことです。 初回リハビリで思いを確認… 初回のリハビリでは改めてクライエントの思いを確認

​住所         :〒870-0131 

​社名      :リハジョイント大分 

大分県大分市皆春286-10

​代表      :眞珠 宗彦

​(またま むねひこ)

​電話/FAX:

097-522-2657

携帯電話 

080-3953-0578

(携帯電話が繋がりやすいです)

メール      :oita.2018@rehajoint.com 

営業日時  :月~土 9:00~21:00

     ※日曜日定休