• RehaJoint またま むねひこ

オーダーメイドであなただけの”自助具”を作ります

ボタンエイド

今回、作成したのは「ボタンエイド」という自助具です。簡単に言えば、シャツなどのボタンを留める道具です。


【特徴】

・指先の関節に負担を掛けない

・片手でできる

・時間が掛からない

・簡素でわかりやすい=使用方法が明解

・小児から高齢者馬で幅広い年齢層に使用できる


※こちらは3Dプリンタで作成していますので、グリップの大きさ、長さもクライエントに合わせて調整が可能です。


自助具

“自助具”は文字通り、自分を助けるツールです。また、成功体験のハードルが低くなります。


これまで「高いなぁ。」と思っていたハードルが自助具を使うことで「意外と低いなぁ。」これなら超えられるなぁ、という具合です。


そして、成功体験の先にはゴールテープではなく、”(また別の)作業へ挑戦しよう”というような目標のバトンパスが行われます。


つまり、主体的な生活へと繋がっていくわけです(作業の可能化、作業の拡がり)。


「ボタンを留めることができた」次は「ズボンを履いてみよう」という具合に。


また、自助具は周囲の方々を助けることにもなりそうです。クライエントのできることが増え、主体的な生活になりますと周囲で応援している方々の活力となります。それまでケアをしていた時間をもっと必要な部分にエネルギーと共に割り当てられますので、双方に良い生活環境を構築させることができます。自助具の活用でみんなが良い状態になります。

リハジョイント大分には自助具の作成を積極的に行っています。医療機関、介護保険事業所などへの訪問も可能ですので気軽に問い合わせ下さい。

///////////////////////////

リハジョイント大分

〒870-0131 大分県大分市皆春286-10

TEL・FAX// 097-522-2657

携帯// 080-3953-0578

HP //https://www.rehajoint.com

/////////////////////////

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

ベッドから離れる作業…

重力を強く感じる クライエントの目標は、「トイレでトイレ(排泄)をすること」「外に出て美味しいもの(ビフテキ、刺身)を食べること」です。 街を見渡せば、日常的なことと感じると思いますが、ベッドで寝たきりの期間が長くなればなるほど、このような作業を行うまでの道のりは長く険しくなります。 寝たきりの状態から少しずつ起きていく過程で、クライエントからはよくこのようなコメントを頂きます。 「こんなにカラダ

やってみないとわからない

転倒を機に車いすへ 今週から訪問リハビリがスタートしたクライエントのストーリーです。 今年1月、施設内で転ばれたことを機に、お部屋以外では車いすを使用する生活となりました。 「歩きたい…」 そのような思いはあるものの、 “転ぶかもしれない” ”転ぶと迷惑を掛ける” 不安な思いが巡り車いすを選択されていたとのことです。 初回リハビリで思いを確認… 初回のリハビリでは改めてクライエントの思いを確認

ナイトスプリント

【ナイトスプリント】 脳梗塞や脳出血などの後遺症の一つに”痙性”麻痺があり(”痙性”は麻痺に伴う副作用で、軽度の筋硬直から、重度の脚部運動制御不能まで、各種の痙性があります。症状には筋緊張の増加、急激な筋収縮、深部腱反射亢進、筋肉の痙攣、鋏状脚:無意識的な足の交差、関節の固定が含まれます)また、その状態を”痙縮”と言います。 ◾️「痙性」についての引用元 https://www.christoph

​住所         :〒870-0131 

​社名      :リハジョイント大分 

大分県大分市皆春286-10

​代表      :眞珠 宗彦

​(またま むねひこ)

​電話/FAX:

097-522-2657

携帯電話 

080-3953-0578

(携帯電話が繋がりやすいです)

メール      :oita.2018@rehajoint.com 

営業日時  :月~土 9:00~21:00

     ※日曜日定休