• RehaJoint またま むねひこ

やってみないとわからない



転倒を機に車いすへ

今週から訪問リハビリがスタートしたクライエントのストーリーです。


今年1月、施設内で転ばれたことを機に、お部屋以外では車いすを使用する生活となりました。


「歩きたい…」


そのような思いはあるものの、


“転ぶかもしれない” ”転ぶと迷惑を掛ける”


不安な思いが巡り車いすを選択されていたとのことです。



初回リハビリで思いを確認…

初回のリハビリでは改めてクライエントの思いを確認しました。


“とにかく元気になりたい”

”歩けるようになりたいんやけどな”

”しばらく歩いてないからな”


強い思いの裏側に一抹の不安を抱えていることを感じ取ることができました。



ココロに寄り添い、気持ちが前へ向くように…



初めてレンタルした歩行車を使用し歩くことができました。やってみないとわからない…


「できるかどうかわからない」を行うこと=チャレンジすること


これは自分自身との戦いでもあります。しかし、1人でチャレンジするには大きな勇気が必要です。1人行動できない時にはそっと支えてくれ人が必要だと思います。頼って良いんです。


クライエントには少しずつ自信をつけ、以前のような生活を取り戻してほしいです。共に進んで行こうと思います。思いをカタチに。




リハビリでお困りの方、もっと生活をより良くしたい方、できることを増やしたい方、元気になりたい方、是非、リハジョイント大分へお問い合わせ下さい。


///////////////////////////

リハジョイント大分

〒870-0131 大分県大分市皆春286-10

TEL・FAX// 097-522-2657

携帯// 080-3953-0578

HP //https://www.rehajoint.com

/////////////////////////

#大分市 #リハジョイント大分 #リハジョイント #保険外サービス #保険外リハビリ #自費リハビリ #自費リハビリテーション #自費リハ #訪問リハビリ #訪問型自費リハビリ #保険外訪問リハビリ #訪問型自費リハビリ事業 #リハ難民 #リハビリ難民 #理学療法士 #理学療法 #作業療法士 #作業療法 #言語聴覚士 #言語聴覚療法 #セラピスト #リハビリ #リハビリテーション #おんせん県おおいた #医療 #介護

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

厳しい寒さ…

年が明け、早くも10日が経過しました。新型コロナウイルス感染拡大は収束からはまだ遠く、地方ではパンデミックが断続的に起こり、緊急事態宣言が出されました。 それと同時に冬の寒さも日に日に強まり、各地で積雪が報告されています。 私たちが活動する大分市も積雪ほどの雪は少ないものの、山手の方では数センチの積雪を記録しています。訪問リハビリサービスでは運転が付きものですので、感染予防に努めながら、アイスバー

ベッドから離れる作業…

重力を強く感じる クライエントの目標は、「トイレでトイレ(排泄)をすること」「外に出て美味しいもの(ビフテキ、刺身)を食べること」です。 街を見渡せば、日常的なことと感じると思いますが、ベッドで寝たきりの期間が長くなればなるほど、このような作業を行うまでの道のりは長く険しくなります。 寝たきりの状態から少しずつ起きていく過程で、クライエントからはよくこのようなコメントを頂きます。 「こんなにカラダ

オーダーメイドであなただけの”自助具”を作ります

ボタンエイド 今回、作成したのは「ボタンエイド」という自助具です。簡単に言えば、シャツなどのボタンを留める道具です。 【特徴】 ・指先の関節に負担を掛けない ・片手でできる ・時間が掛からない ・簡素でわかりやすい=使用方法が明解 ・小児から大人まで幅広い年齢層に使用できる ※こちらは3Dプリンタで作成していますので、グリップの大きさ、長さもクライエントに合わせて調整が可能です。 自助具 “自助具

​住所         :〒870-0131 

​社名      :リハジョイント大分 

大分県大分市皆春286-10

​代表      :眞珠 宗彦

​(またま むねひこ)

​電話/FAX:

097-522-2657

携帯電話 

080-3953-0578

(携帯電話が繋がりやすいです)

メール      :oita.2018@rehajoint.com 

営業日時  :月~土 9:00~21:00

     ※日曜日定休