​代表挨拶

​ 私は2009年に作業療法士となり、リハビリテーションの職に就きました。初めて、入職した医療機関では”地域リハビリテーションの基盤”が築かれており、現場では常に、“在宅生活を想定したリハビリテーション”の遂行が求められました。

 また、作業療法士は、クライエントに焦点を当て、習慣、文化、価値観を理解し、クライエントと協働し作業を実践すること、生活を再構築することが責務であり、地域リハビリテーションにおいての役割は大きなものでした。

 

※作業療法の定義

作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。

(日本作業療法協会HPより引用)

 

 以後、作業療法の専門性について深く学ぶ機会が多く、そのたび、クライエントを愛し、もっと寄り添う必要があるということを認識しました。

「クライエントを知らずして、クライエントをより良い状態(well being)へ導くことはできない」

 外来リハビリテーションへ配属された際には、クライエントが望めば、自宅、職場、自動車販売店などへ出向き、環境調整、アドバイス、会議に出席したりしました。結果として復職、就職、自動車の運転などクライエントの作業ができるようになりました。クライエントに寄り添うことでクライエントのできる作業は拡がり(生活自立度向上や生活範囲の拡大)、人生がより豊かになりました。

 

 このような経験から、もっと多くの方の人生を豊かにしたいと思うようになりました。

近年、リハビリテーションの需要が高まる中、医療保険(主に病院)・介護保険の分野においては、ある一定水準のリハビリサービスが保障されています。しかし、制約が増え、外来リハビリの廃止や集団リハビリへの傾倒が著しく、本来のリハビリテーションが難しくなってきております。年々、クライエントの生活、人生に密着し粘り強く共に歩むようなリハビリの機会は縮小しています。

 そこで私は”リハジョイント大分”を立ち上げました。

 “リハジョイント大分”は訪問型自費リハビリ事業を主としており、他にも、通所系サービス支援事業、訪問美容事業、セミナー事業を手掛けております。 

 

※”自費リハビリ”というのは医療保険・介護保険を使用しないリハビリサービスのことです。

※近年、自費リハビリに対し医学的管理の部分での課題が上げられております。弊社ではかかりつけ医による同意を頂くようにしております。医学的管理に配慮したサービス提供を心掛けております。

 

 自費リハビリという形態をとることで、しっかりとお客様に寄り添うことができ、ニーズに合わせたリハビリサービスが可能となります。場所や時間の制約もないため、幅広いリハビリのニーズに応えることができます。

 “リハジョイント大分”は「人生を豊かに」「人と社会を結ぶ」というコンセプトがあります。お客様のできることが拡がり、人生の豊かさ、社会とのつながりを持ち充実した生活を営んで頂けるよう質の高いリハビリサービスを提供致します。

 もっと自由に、人生を歩んでみませんか?思い描いていた生活を取り戻してみませんか?

 リハジョイント大分はリハビリサービスを通じてお客様を全力でサポートさせて頂きます。

リハジョイント大分代表 真珠 宗彦

氏名:真珠 宗彦(またま むねひこ)

        1987年5月17日生まれ

保有資格:作業療法士免許

     AMPS認定評価者

     ESI認定評価者

趣味:音楽鑑賞、スポーツ

【プロフィール】

2009年 

 医療法人共和会 小倉リハビリテーション病院へ入職。回復期、生活期リハビリテーション病棟(脊髄損傷、進行性疾患、難治性疾患、重度脳血管疾患等)、外来リハビリテーション、短時間通所リハビリテーション、総合事業講師を経験。

 

 回復期リハビリテーションでは主に川平法やCIセラピーなどを活用し脳卒中後の麻痺手の改善に着手。

 生活期リハビリテーションでは対象者の生活に焦点を当てたアプローチを実践。同時に環境面のアプローチとして車いすの選定や調整、福祉用具の選定や自助具の作成を行う。生活に焦点を当てたアプローチを実践する中で、医療保険でのリハビリ後の送り先である介護保険サービス事業にも興味を持ち、デイサービスを主に市内の事業所へ自ら足を運び現場をリサーチ。医介連携の強化を図る。

 

 外来リハビリテーション、短時間通所リハテーションでは、脊髄損傷、進行性疾患、難治性疾患、重度脳血管疾患等の患者様、ご家族様の生活支援、復職支援、自動車運転再開に携わる。また、通所系サービス(デイケア、デイサービス)への引継ぎ支援も行う。

2016年

 有限会社和楽 通所介護和楽庵 個別機能訓練指導員として勤務。その他、個別機能訓練加算Ⅱ立ち上げやマネジメントに着手。並行して、公益社団法人福岡県作業療法協会 小倉南・京築エリア長就任

 

2018年

 大分県医療生活協同組合 大分健生病院 訪問リハビリセンター勤務(けんせい訪問看護ステーション兼務)

 大分市内を中心に在宅や有料老人ホームに入所されている方のリハビリテーションを行う。生活機能維持、向上の支援を行う。

​住所         :〒870-0131 

​社名      :リハジョイント大分 

大分県大分市皆春286-10

​代表      :眞珠 宗彦

​(またま むねひこ)

​電話/FAX:

097-522-2657

携帯電話 

080-3953-0578

(携帯電話が繋がりやすいです)

メール      :oita.2018@rehajoint.com 

営業日時  :月~土 9:00~21:00

     ※日曜日定休